子宮筋腫や不妊の悩みは病院で解決│婦人科トラブル解決プロ

看護師

妊娠中は気をつける

医者と看護師

妊婦期間中は赤ちゃんにカルシウムがいってしまうので、できるだけ多くのカルシウムを摂取しておくことが大切です。そうすることによって、出産後の骨粗しょう症を防ぐことができるでしょう。

View Detail

不妊に悩む人は多い

お腹

名古屋で行なわれている不妊治療にも様々な種類があり、まず初めに行なわれる治療方法がタイミング法や排卵誘発法です。この方法でも妊娠できない場合は人工授精や体外受精が行なわれます。

View Detail

正しいクリニックを選ぶ

看護師

不妊治療を奈良でする時には、できるだけクリニック比較をしてから治療する場所を選ぶことが大切です。医師情報や設備環境チェックだけでなく、気持よく通い続ける為にもスタッフ対応についての情報収集はしておくのが良いでしょう。

View Detail

人には言い難い悩み

女性

子宮の病気は不妊にも繋がる

女性の持つ悩みの中でも近年増えてきているのが、子宮に関連する悩みです。悩みが増えていることに加えて、子宮にまつわる病気も多くなってきているのです。その原因の1つに女性の結婚や出産が高齢化してきていることも挙げられます。加えて、飲酒や喫煙、ストレスもこうした病気の原因になります。子宮に病気が発生すると、不妊にも繋がってしまうので注意が必要です。しかし、最近では不妊治療などもかなり進歩しているので、高齢の女性でも治療をして出産することができるようになっています。

治療方法や検査も様々

子宮の病気の中でも、特に40代を過ぎたあたりで発症する人が増えるのが子宮筋腫です。子宮筋腫は女性ホルモンや月経などが原因になっていることが多くあります。子宮筋腫は婦人科のクリニックで治療することができるので、身体の異常に気付いた時にはすぐに診察してもらうのが良いでしょう。早期発見によって早期治療や症状改善をすることができるのです。子宮筋腫の治療方法にはいくつかあり、薬物や漢方を利用した方法やホルモン治療、外科手術などがあります。軽度の場合であれば自宅で対策をすることで改善していける可能性もあるので、身体のちょっとした変化は見逃さないようにするのが良いでしょう。子宮筋腫かどうか検査する時には、超音波を利用したエコー検査や細いカメラを子宮に入れてチェックする子宮鏡検査、CTやMRI検査など様々です。検査をすることによって、他にも子宮にまつわる病気がないかチェックすることもできますが、クリニックによって検査方法が違うので注意が必要です。